富山の結納・婚礼・祝儀用品専門店 中島松鶴堂 ご結納のしおり

結納の準備

仮結納

 富山では「仮結納」といって、正式の結納の前に吉日を選び、仲人と男性の親(母または両親)が、女性方へ結納の日取り、その他を取り決めに行きます。
この時、女性方へ手土産・お酒・お菓子を持参します。

-

当日の服装

 結婚式と同格なので、本来は正装をするのが望ましいですが、双方で認識が違いすぎるとアンバランスになってしまいます。仲人様を通じたり、事前に簡単に確認しておくと良いでしょう。

父親・仲人紋付袴または略礼服(黒スーツ、白ネクタイ)
母親・
仲人夫人
留袖または訪問着・付下げ・色無地・ワンピース・スーツ
本人(男性)略礼服・ダーク系スーツ
本人(女性)振袖または訪問着・ワンピース・スーツ
親族等親族など同席者については、男性は略礼服またはダーク系スーツ、女性はフォーマルな洋装または着物ならば付下げ、訪問着、色無地など。
-

日時の決定

 結納は、一般的に結婚式の3〜6ヶ月前に行われます。ご両家の都合の良い日時が前提ですが、吉日(大安・友引・先勝)の午前中に執り行い、その後祝膳として昼食を供にするのが多いようです。

- -
-

準備するもの(男性編)

 男性側の準備は、結納品を準備することです。余裕をもって準備できるよう、結納当日の1ヶ月前くらいにはご注文する事をおすすめします。

結納飾り結納は、女性側にとって一生に一度の大切なものです。気持ちを込めた失礼のないようにしたいものです。
家族書・親族書家族書とは、同居している家族を列記したもの。親族書とは、三親等までの親族を列記したもの。
広蓋(ひろぶた)・
袱紗(ふくさ)・
風呂敷
広蓋とは、人様に金品を差し上げるときに直接それらの品を手にしては失礼になるため用いられるお盆。
袱紗とは、贈り物などに塵、埃がかからないようにする覆い。
風呂敷とは、大切なものを保護する道中の覆い。
儀式扇子末広がりの幸せを意味するおめでたい儀式の必需品。
お土産
-

準備するもの(女性編)

 女性側の準備は、部屋を整えお茶や食事を用意することとや「手土産」を用意します。

結納返し結納を頂いた側からの返礼結納品。
家族書・親族書家族書とは、同居している家族を列記したもの。親族書とは、三親等までの親族を列記したもの。
広蓋(ひろぶた)・
袱紗(ふくさ)・
風呂敷
広蓋とは、人様に金品を差し上げるときに直接それらの品を手にしては失礼になるため用いられるお盆。
袱紗とは、贈り物などに塵、埃がかからないようにする覆い。
風呂敷とは、大切なものを保護する道中の覆い。
儀式扇子末広がりの幸せを意味するおめでたい儀式の必需品。
引出物
-

ページの先頭へ